認印って何なのか知ってますか?

よく印鑑を使う場面で聞く認印。これは実印とは違います。認印とはその字の通り「認めました」という時に使うもの。よく使うのが郵便物を受け取るときに押す印鑑。シャチハタや100均の物を使う方も少ないでしょう。堅苦しいイメージがありますが意外と日常的に使っています。逆に実印は重要な契約の際に必要になるもので、印鑑登録という手続きが必要です。なので一般的に使ってる印鑑はほとんど認印といっても良いでしょう。銀行印は実印ではありませんが、100均などで手に入るものは誰でも入手しやすいので危険です。偽造の難しいものを銀行印専用で作りましょう。最近はオーソドックスな印鑑以外にも可愛い絵柄の入った物もネットで販売されています。文字と絵柄を組み合わせて作れるので偽造防止にもなりますね。ですが絵の入った印鑑は登録に使えない銀行もあるようですので、作る前に各銀行に問い合わせる事をおすすめします。

認印は無くなりやすく買いやすく

認印は普段使いで、使うことが多いので、ついつい持ち歩いたり、バッグの中に入れっぱなしになっていて定位置に無かったりしがちです。出張したときに、出席印として押す必要があって、職場の引き出しから持ち出して、忘れたり、無くしたりして翌日出勤印を押せなくなったことも経験します。帰宅時に百円均一ショップで、購入するパターンになります。100円のものでも十分で、次、また無くしてしまうこともあります。人によっては、購入時に、数本まとめて買うこともありますが、大概1本ずつしか名字は置いていないので、ショップでのまとめ買いは難しくなります。また、名字が多い方だと、売り切れていて、無かったということもあります。また、同じような素材で作成してある物が多いので、まとめ買いをするなら、素材の色を変えるなどの楽しみもほしいです。紛失防止のための印鑑入れもセットで購入できる工夫もほしいです。

宅配が来たら認印が便利です

宅配業者が来た時にサインで済ます方は多いでしょう。しかしながらサインを書くというのはもどかしいです。まずサインか判子かを宅配業者に問われ、そのあとにボールペンを貸してくれますが、すんなり貸してくれない人もたまにいます。車に忘れてきたりです。そんな時にはいったん部屋に戻ってボールペンを取ってくるというめんどくさい作業が必要です。それを緩和させるためにも玄関には認印を置いておくことが望ましいでしょう。渡せばいいだけなのでとても楽です。それに今の時代はネットで印鑑が作れる時代です。あまりこだわらなければ早いと1日で出来上がります。通常の店頭に行く必要もなく、ネットで印材から字体から彫る文字まで全て支持することが出来ます。それに種類も豊富なのでかわいい認印を作成するのもありかです。宅配業者さんもほっこりすることでしょう。

スピード納期・校正オプションもお選びいただけます! 店舗数60店舗直営です。 幅広い種類の印材の中からお好みの物を選んで納得のいく印鑑をご注文いただくことができ、サイト上からお気軽にご注文いただけます。 店舗は基本年中無休(ショッピングセンターの営業時間)です。 100年保証や彫り直しサービス、旧字をご希望の方にも承り、又印鑑は用途によって大きさが変わりますので、そのご案内もしております。 高品質で印鑑専門店の認印