意外と知らない認印の使い方

認印と実印の違いを意外にも知らない方がいます。書類の内容や事柄について印鑑を押した場合、実際に「目を通しました」とか「認めました」という意味を示します。ですから、認印というのは個人の証明となる印鑑ではありません。そのため複雑な作りになっていなくてもかまわないため大量生産で作られているような印影が同じ印鑑があるものでも構いません。実印は、捺印をした人と個人を結びつける証明になりますが、その効力は公的に認められているわけではないので、意味合いが異なって来ます。具体的には宅配便の受け取り、回覧板の閲覧などで受け取りをした意味や閲覧をしましたという意味で用いられます。そのため、インクを始めから補充している簡単に押せる印鑑でも可能であり、日常生活でより利便性が高く使えるようになっています。また、安価で購入出来る印鑑が適しています。

認印が使われる用途とは

認印は、実印のように印鑑登録はされていない印鑑で、印鑑証明のいらない書類作成や一般事務などに使います。具体的には、伝票や出勤簿、簡単な金銭受取などに用いられます。また、家庭では宅配便の受領、回覧板の閲覧確認などに使います。実印ではないので、一般的には姓のみを彫刻したものを用いることが多くなっています。インクが補充されている印鑑で通用する場合もありますが、そのタイプの印鑑が適応外だと指定されている場合には、押印が出来る印鑑を選ぶ必要があります。認印と言っても、捺印することで責任が伴います。法的な効力がないにしても、責任が伴うことを意識して使わなければなりません。押印を求められた場合に、実印を使う指定がない書類では、この認印を使うのが一般的です。一般に大量生産されている物であっても構いませんし、彫ってもらったものでも構いません。

様々なシーンで使う機会の多い認印

書類を確認した時、荷物を受け取った時などのサインのような感覚で押す印鑑を認印と言います。個人を証明する実印とは違い、押す機会も多い印鑑です。認印として市販されている印鑑を利用している人も多いです。個人を表しているわけではないので大量生産の同じ陰影の物でも問題ないので文具店などで売っている物でもバイ丈夫です。今では100円均一ショップでも売っています。またインク式の印鑑を使っている方もいます。一方、人前で押す機会が多い印鑑なので少しこだわった物を持ちたいという方もいます。しっかりしたものなら象牙や黒水牛などの印鑑もありますし最近ではおしゃれなアクリル製のカラフルな物や丈夫なチタン製のものなどもあります。選ぶ素材や大きさによって価格はピンからキリまで様々です。よく使うものなのでお気に入りの一本を作ると愛着が湧いてよいでしょう。