認印とシャチハタについて

世間一般では三種類に分けられます。実印は役所に登録されている印。銀行印は銀行で使用する目的の印。認印はそれ以外の物を指します。例えば、百円均一で買ってきた印を役所に登録すれば実印になり、口座の印に使えば銀行印と呼ばれます。つまり認印というのは、実印や銀行印以外の印という意味です。ただし印鑑と呼ばれる最低限度の条件は変形しにくいことです。シャチハタのようなゴム印は印鑑とはいいません。捺印後の変化が大きいいため、滲んでしまい印影がハッキリ確認できなくなったりするので、銀行などの登録印や保険などの契約印としても拒否されます。シャチハタが許されるのは宅配や郵便配達の受け取り印くらいです。しかし綺麗に押されていると利用できてしまうこともあります。認印とシャチハタの使い分けを知っておくといざという時に焦らずにすみますね。

通販の激安な認印をお買い物

結婚が決まったので、新しい名字の認印が欲しくて、通販のお店で購入しました。通販のお店で販売されている印鑑は、予想より種類が多くてどれにするか迷いましたが、お値段が安くて印鑑とケースがセットになったものがあったので、そちらを購入しました。購入した印鑑は、本体のデザインのバリエーションも多く、名前の書体も選ぶことが出来たので、自分好みの印鑑をオーダー出来るのが魅力でした。今回は好きなブルー系の花柄のデザインを選んでみましたが、手元に届いた商品は、予想より可愛らしくてとても気に入りました。早速認印として使用する機会がありましたが、押しやすくて使い心地が良かったので、周りにもおすすめしています。実店舗では、こんなに激安価格で認印は手に入らなかったと思っているので、通販のお店で購入して本当に良かったと思っています。

認印を上手に使い分ける

かつて手書きの履歴書には自分の印鑑をつく欄があり、まっすぐ丁寧な陰影であることが採用につながる条件とした企業もあったほど、現在でも印鑑とは日本人にとって重要な位置づけにあります。印鑑とは実印と認印の2種類に分類され、重要な契約等に使用し公的に認められた自分の証明として使われる実印に対して、日常生活で最も頻度が高く使われるのが認印です。これを上手に使いこなすことがちょっと差がつく社会人のステイタスと言えます。郵便物の受け取り等承認する際には朱肉が要らず素早く使用できる通称シャチハタと呼ばれるインクのついたゴム印が便利です。また、簡単な書類に使う際は100円均一など比較的格安で手に入る三文判や、長期的に使用することを考え耐久性を考慮して、チタンなどの金属製や、黒水牛などの角・牙製のものを購入するのもよいです。気を付けたいのは銀行印です。押印の仕方で陰影が変化してしまうゴム印のシャチハタ以外は届け出を受理してくれる銀行が多いようですが、金銭を出し入れする大切な役割となります。偽造されにくい字体を使用し、耐久性のよい材質でオーダーメイドして使用することをお勧めします。