認印はネットを利用して購入

認印は、今では100円均一で購入することができるようになったり、はんこやさんでは100円以内で購入することができるところもあったりなど、あらゆる場所で購入することができるというメリットがありますが、販売されているものは全国的に多い名字であれば販売されていることは多いものの、珍しい名字の場合には販売されていることがなかったりも多く、認め印が販売されていないときにはわざわざ専用の印鑑をつくってもらうということが必要となってくるため、お金がかかりすぎてしまうということになってしまいます。認め印が販売されていないときには、ネットでの通販を利用することで、あまり販売されていない名字で見つけることが可能となり、ネットでの通販では取り扱っている種類が多いので、珍しい名字でも安い金額で購入することができます。

認印の選び方について

認印は宅配便の受け取りや役所の手続きなど身近なことにも、オフィスでも使われます。100円ショップや文房具店でも売られていますが、珍名さんのものはありません。仕事で使うならシンプルなデザインで、しっかりしたものを持っていた方が良いです。お客様の前でも使用する時に安っぽく見られてしまうからです。また安価なものはすぐに摩耗してしまったり、欠けてしまうことがあります。スタンプ式のものは銀行登録印としては使用できません。朱肉を使用するタイプを購入します。ネットでも認印を注文することが出来ます。はんこ屋で購入するより安いので、実印、銀行印、認印の3点セットを購入して、使い分けるようにすると良いでしょう。偽造されるリスクを減らすことが出来ます。フルネームでも苗字だけでも作ることが出来ます。ほとんどの場合が苗字だけ、仕事先に同じ苗字の人がいる場合などはフルネームにすると良いでしょう。

仕事や日常生活で重要性の低い書類に押印する認印

国内では欧米諸国と異なり、書類への認証に署名の代わりに押印することが一般的に行われています。仕事や日常生活で我々は毎日のように書類を通してお互いに意思疎通を図りながらビジネスし、暮らしているわけです。しかも、現代のように多くの人達と行き来しながら休む間もなく行動しなければならない複雑な社会では話し言葉だけで終わらせておくと、一方が伝えるべき内容を全て伝え、相手がそれを全て確認したと覚えておけるわけがないわけです。そこで、お互いに必要な情報を伝えあったこと、あるいは、認め合ったことを日数が経過しても確認できるようにしておくことが必要不可欠になっています。この確認用として我が国では書類に認印を押すことで意思表示しているわけです。中でも、確認する書類が法的にあるいは契約として重要性の高い場合には実印を押印します。当人が書類内容を認めたことが間違いないことを示す際に押印する印鑑が実印で、事前に行政官庁に唯一無二性の証として印鑑登録してある印鑑です。一方、一般的に法的にあるいは契約として重要性の高い書類でなければ自分の所へ回ってきた書類には内容を確認したり、目を通し終わったら認印を押すわけです。この場合、行政官庁に登録していない印鑑で三文判やシャチハタ印等、何でも良いですが、認印としての効力は変わりません。